アプリを活用した視力回復について考えてみる

視力低下の原因

近い距離ばかりを見続けることで毛様体筋が緊張したままになる

同じ距離ばかりを見続けることで外眼筋が動かずに弱ってしまう

スマートフォンやパソコンやゲームなど近い距離を長時間見続けることでピントの調節力が衰えてきます。

視力回復に向けて

本内容は効果を保証するものではありません。また、結果にも個人差があります。ご自身に合う場合にのみ継続してお試しください。

毛様体筋の緊張をほぐし、外眼筋を強くすれば視力の低下を防ぐことができるのでは?

視力回復トレーニングを実行するうえで大事なこと

用意するもの

視力回復トレーニングの内容

視力回復トレーニングを開始

  1. 遠くのタブレットの円を眺めて円の動きを10回数えます。
  2. 手元のスマートフォンの円を眺めて円の動きを5回数えます。
  3. 遠くのタブレットの円を眺めて円の動きを10回数えます。
  4. 手元のスマートフォンの円を眺めて円の動きを5回数えます。
  5. 遠くのタブレットの円を眺めて円の動きを10回数えます。
  6. 手元のスマートフォンの円を眺めて円の動きを5回数えます。
  7. 遠くのタブレットの円を眺めて円の動きを5回数えます。
  8. 手元のスマートフォンの円を眺めて円の動きを5回数えます。
  9. 無理のない程度に5回ずつ繰り返して終了します。

期待する効果

近くと遠くの視点の切り替わりのときに、ピントが合うまでの時間の短縮。

ピントが合っていなくても、しっかり見てピントを合わせようとする。